Story in My Hands

1/12サイズで大好きなものを作っています

【ミニチュア旅行記】フィンランド

ミニチュア旅行記、1ヵ国目は謎にフィンランドから。

昔、フィンランドの女の子に私の名前Kanaフィンランド語で鶏肉という意味だと教わった。そのせいでフィンランドの人へは謎の恐怖心を抱いている。

私が知ってるフィンランド語はまさかのそれだけ。笑

なぜそんな国からスタート…

 

フィンランド料理

f:id:carcrashheart:20210824030335j:plain

ロヒケイット(サーモンスープ)
カレリアンピーラッカ
ムナボイ(卵バター)
ヨウルトルットゥ(星形のパイ)
マイトカハヴィ(カフェラテ)

 

カレリアンピーラッカはお米のお粥を包んだ、フィンランドでポピュラーなパイ。

f:id:carcrashheart:20210824021749j:plain

 

味が気になったので、鎌倉にあるフィンランドパンのベーカリー、ライ麦ハウスベーカリーからお取り寄せした。

f:id:carcrashheart:20210824021739j:plain

ミニチュアと比較。

何だか面白いお味だった。フィンランドおにぎりみたいな感じ?

醤油をかけて食べてたお客さんもいたとのことで、かけて食べてみたりもした。

一緒に購入したシナモンロールが本場の味でとても美味しかった!

 

f:id:carcrashheart:20210824021807j:plain

現地ではカレリアンピーラッカに卵とバターを和えたムナボイを乗せて食べるのだそう。

星型パイのヨウルトルットゥはとても可愛くて好き。クリスマスに食べるパイだそうだけど、あまりに可愛いので添えることにした。

フィンランドというか、北欧はパンが可愛いんだよね。いつか現地でパン屋さん巡りをしたい。

 

f:id:carcrashheart:20210824021730j:plain

ロヒケイットというサーモンのスープ。上に散ってるハーブはディル、北欧の料理にはよく登場するぽい。

カフェラテのラテアートは、北欧のテキスタイルのカモメをイメージしたつもり。

 

このシリーズを始めるにあたって、メニューを全て現地の言語で表記することにした。これが想像以上に大変で…!

だって、マイナーな国の料理ほど検索しても出てこない。

日本語(カタカナ)が出てきても現地の言語では出てこなかったり。逆に現地の言語では出てきても読み方がわからなかったり。

でも翻訳機を使っただけのものは自分の作品にしたくない。絶対に間違えたくないから。

そんなわけで、めちゃくちゃ意固地な性格なので、メニューの制作だけで凄い時間かけてます。実は。

メニュー

f:id:carcrashheart:20210824024326j:plain

裏面が日本語になってる。

今回フィンランドで一番大変だったのは、カフェオレのマイトカハヴィ。調べてみて。日本語のサイト、たったの1サイトしか出てこないから、笑。

 

ミニチュア旅行記というテーマなので、旅行に行った気分を少しでも味わえるように、旅先で撮った(ことになってる)チェキを4枚ずつつけた。

f:id:carcrashheart:20210824021816j:plain

カモメフィンランドといえばカモメ。

ヘルシンキ大聖堂:首都ヘルシンキにある白い大聖堂。

ムーミンワールドムーミンが誕生した国フィンランドムーミンワールド

オーロラ:いつか生で見てみたい。

 

f:id:carcrashheart:20210824021721j:plain

そんなわけで、1ヵ国目、フィンランドから旅はスタートです!

 

Instagram

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by k a n a (@kanaminis)