Story in My Hands

1/12サイズで大好きなものを作っています

HOME

BIO

f:id:carcrashheart:20201001215545j:plain

kana (Kanaminis) 

ミニチュア/ドールハウス作家

小学5年生の夏にミニチュアと出会い、独学で制作を開始。

ロックとアートとチョコレートが好き。知らない街を独りでぶらぶらするのが好き。世界中の美味しいものを食べて、それらをミニチュアにするのが目標。

ミニチュアの世界は私の夢が何でも叶う場所。夢や物語の詰まった小さな世界をコンセプトに制作をしている。

 

SNS

Twitter@kanaminis

Instagram@kanaminis

E-mail:storyinmyhands☆gmail.com
(☆を@に変えて下さい。お仕事のご連絡はこちらへどうぞ)

 

​活動履歴

2012.3 DMH展 (大阪)

2015.3 ジャパニーズカルチャーサイト「Tofugu」にインタビュー掲載

2015.5 デザインフェスタ vol.41

2015.8 學展 vol.2

2017.11 グループ展FAN!
 (Gallery Conceal, 東京)

2018.5-7 Badass Miniatures
 (New York, USA)

2018.6-7 ミニチュア写真の世界展
 (TODAYS GALLERY STUDIO, 東京/名古屋)

2018.9 グループ展FAN!
 (Gallery & Space PARADE, 大阪)

2018.11-12 ミニチュア写真の世界展 冬
 (TODAYS GALLERY STUDIO, 東京)

2019.4-5 ミニチュア写真の世界展
 (TODAYS GALLERY STUDIO, 東京/名古屋)

2019.9 グループ展FAN!
 (Gallery Conceal, 東京)

【レシピ】レモンクッキー

私は外国のお菓子や料理が大好きなので、ミニチュアでよく作る。

この前作ったのが、アメリカンクッキー

f:id:carcrashheart:20210123120046j:plain

めちゃくちゃ大きくて一枚で大満足なやつ。アメリカにいた時に大学のカフェテリアにあったので毎日のように食べた。

作ってたら今度は本物が食べたくなってきた…

特にこの中の黄色いレモンクッキー。この味のクッキー、意外と日本で売ってないんだよね。

 

日本語のレシピもサクサクのクッキーばかりでいまいちピンとくるのが無かったので、初めて!英語のレシピで作ってみた。

食べたいのは、現地で食べた、外はさっくり中はしっとりの、食べ応えのあるクッキー。  

参考にしたサイトはこちら

www.livewellbakeoften.com

アメリカのレシピは大雑把で適当(失礼)だから、大体成功する。

材料を手に入りやすいもので代用し、作り方も翻訳したので、備忘録もかねて載せます。


材料

・小麦粉:220g

・ベーキングパウダー:小さじ1

・塩:少々

・無塩バター:115g

・グラニュー糖:150g

・卵:1個(常温に戻す)

・レモンの皮:レモン1個分

・レモン汁:大さじ1

・レモンのリキュール:小さじ1と1/2

 (レモン汁小さじ3で代用可)

 

作り方

1. 小麦粉とベーキングパウダー、塩を混ぜておく。

f:id:carcrashheart:20210123100852j:plain

私はポリ袋に全部突っ込んでフリフリする。

 

2.バターとグラニュー糖を白くフワッとするまで混ぜる。卵を加え、よく混ぜる。

f:id:carcrashheart:20210123103937j:plain

 

3.レモンの皮、レモン汁を加え、またしっかりと混ぜる。

f:id:carcrashheart:20210123100815j:plain

前日の晩御飯がトンカツだったので、残りのカットレモン…

 

4.1を何回かに分けて入れ、軽く混ぜる。

f:id:carcrashheart:20210123100805j:plain

 

5.出来上がった生地をラップ等にくるんで、冷蔵庫で30分冷やす。

f:id:carcrashheart:20210123100756j:plain

私はここで1のポリ袋を再利用。

 

6.生地を冷蔵庫から出す。

スプーンですくって、間隔をあけてベーキングシートの上に落とす。それか生地を丸めて置いてから少し平らにならす。

f:id:carcrashheart:20210123100825j:plain

私の場合はポリ袋の端を切って絞り出すだけ。手を殆ど汚さないしすっごい楽。

f:id:carcrashheart:20210123100834j:plain

こんな感じ。

 

7.170℃のオーブンで10~12分程焼く。

外側は焼け、内側はまだ少し柔らかい状態に出来上がる。5分~10分放置してからオーブンから出し、網の上で冷ます。

f:id:carcrashheart:20210123100905j:plain

焼けました。

 

完成~

f:id:carcrashheart:20210123100844j:plain

薄っすら黄色いしっとりクッキーの完成!

食べやすいから小さめで焼いたけど、多分もっと大きく焼いたらもっとしっとりなのができるはず。あとホワイトチョコを混ぜるのもおすすめ!

 

代用したもの

ベーキングソーダ → ベーキングパウダー

前者はあまり馴染みがなさそうなので。

ベーキングソーダ:1 = ベーキングパウダー:2の比率で代用可。

ベーキングソーダ重曹)の特徴
独特のにおいや苦みがあり、焼くと色がつきます。焼き上がりはもったりとしており、どら焼きや甘食などの素朴なお菓子に向きます。

ベーキングパウダーの特徴
重曹をベースにその効果を助ける素材を組み合わせて作られており、無味無臭でふんわりとした焼き上がりになります。白く仕上げたいときや、シフォンケーキなどのようにふんわりと焼き上げるお菓子には、ベーキングパウダーを使います。

(参考:https://cookpad.com/cooking_basics/12344

 

レモンエクストラクト → レモンリキュール or レモン汁

レモンエクストラクトは検索かけたらほば外国のものしかヒットしなかった。レモン汁をウォッカで割ったものだそう。

 

f:id:carcrashheart:20210123145900j:plain

そんなわけで、これからはレモンクッキーは食べたい時にいくらでも食べれるぞー!

 

 

【AURORA】Queendom ②

①はこちら 

storyinmyhands.hatenablog.com

 

Queendomの葉っぱ

f:id:carcrashheart:20191006094503j:plain

一枚一枚はさみで切った。

シングル曲としてリリースされた時のジャケ画を参考に。

f:id:carcrashheart:20191006100852j:plain

 

The Seedの草

The Seedの歌詞から、AURORAの足元から草木を芽吹かせた。

f:id:carcrashheart:20191006113559j:plain

こういう表現もジブリ映画にあった気がして、すごい好きなんだよなあ。もののけ姫でシシガミの首を返した時に再び緑に覆われた森だとか。メイとサツキがトトロと一緒に夢の中で植物を一気に成長させたシーンだとか。うーん。うろ覚えだけど他にも沢山あった気がする。静止した立体に「動き」を見せるのはとても楽しい。

f:id:carcrashheart:20191006113550j:plain

この曲The Seed環境問題について糾弾している曲。

"Suffocate me
So my tears can be rain
I will water the ground where I stand
So the flowers can grow back again
'Cause just like the seed
Everything wants to live
We are burning our fingers
But we learn and forget"
(私の息の根を止めて
私の涙は雨となり
足元の土を潤し
草花の成長を取り戻すだろうから
なぜならそう 種子のように
全ての物は 生を求める
私達は過ちを犯しているけれど
学び そして再び忘れてしまう)

f:id:carcrashheart:20191006101228j:plain

MVにも草の芽が土を破って出てくる瞬間が。

AURORA - The Seed - YouTube

全訳↓

carcrashheart.hatenablog.com

 

The Riverの花

f:id:carcrashheart:20191006121639j:plain

この曲はメンタルヘルスの問題を受けて作られた曲。自殺率の高い若者、特に「男らしさ」という社会の求める重圧に苦しめられている男性に向けて、「感情を表に出すことは間違っていないのだ」と歌いかける曲だ。

"Don't forget who you are even
even though you're in need
Like a bird in the night, your emotions deserves to be freed"
(たとえ辛い時も あなたが何者か忘れないで
夜を飛ぶ鳥のように 感情を解き放ってしまえ)
"You can cry, you can cry, you can cry
To where the ocean is bigger
Become a part of the river, ah
You can cry, you can cry, you can cry
Can you let the river run wild?"
(泣いてしまえばいい
海の広がる場所へ向けて
川の一部となって
泣いてしまえばいい
大きな川の流れを作ってしまおう)

f:id:carcrashheart:20191006094450j:plain

f:id:carcrashheart:20191006101224j:plain

AURORA - The River - YouTube

 

海と陸地の繋ぎ目をどうするか凄く悩んだけれど、なんとなくジブリラピュタみたいな感じにしてみた。

f:id:carcrashheart:20191006125753j:plain

 

月と星たち

彼女のTwitterのBIOに

"dancing in a place between the moon and stars"
(月と星たちの間でダンスしてる) 

って書いてあるんだ。かわいい。

他にも彼女の曲には月や星が沢山出てくるので、作品に欠かせないかなと思った。

f:id:carcrashheart:20191006134058j:plain

今まで極限までリアルを求めた作品ばかり作ってきたから、こういう「明らかにリアルなはずがないもの」の表現に自分は苦労することに気がついた。難しい。新しい試練だね。

それからデザインにおける足し算と引き算。もっと太陽を煌びやかにしたり、動物を添えたりとか考えたけれど、なんだかしっくりこなくてやめた。沢山作ればいいものじゃないというの、難しい。

 

完成!

f:id:carcrashheart:20191006130911j:plain

f:id:carcrashheart:20191006134156j:plain

この作品は9月に渋谷で行われた洋楽ファンアートのグループ展FAN!で展示した。

carcrashheart.hatenablog.com

AURORAというアーティストを知らない人にも興味を持ってもらえる作品となれたようでとても嬉しい。

 

【AURORA】Queendom ①

ノルウェーのSSW、AURORAの2ndアルバムInfections of a Different Kind - Step 1に収録されているQueendomという曲。

初めて聴いた時から彼女の歌う想像の国Queendomに想いを馳せていて、この曲をモチーフにしたドール作品を制作することにした。

Queendom

f:id:carcrashheart:20191006130911j:plain

この曲はLGBTを始めとするマイノリティに向けて、「私が全ての人が自由に自分を表現できる国を創るから、ここにいらっしゃい」と歌いかけるとても力強い曲。

"The underdogs are my lions
The silent ones are my choir
The women will be my soldiers
With the weight of life on their shoulders"
(負け犬は 私の獅子に
静かな者は 私の聖歌隊
女性達は 私の兵になり
命の重みを背負う)

"The sea waves are my evening gown
And the sun on my head is my crown
I made this queendom on my own
And all the mountains are my throne"
(波打つ海は 私の衣に
頭上の太陽は 私の冠に
私がこの女王国を築き上げた
そして全ての山々が 私の玉座

f:id:carcrashheart:20191006094428j:plain

"Till queendom come
My queendom come"
(いつまでも永遠に
女王国が来たる)

f:id:carcrashheart:20191006094440j:plain

AURORA - Queendom (Official Video) - YouTube

全訳はこちら↓

ParamoreのHayleyに引き続き、2体目のドール作品への挑戦!制作過程を綴るので、興味がある方は見ていって下さい。

 

まずは海の衣と山の玉座

f:id:carcrashheart:20191006014125j:plain

f:id:carcrashheart:20191006014126j:plain

成形中ずっとこの色との戦いだから、モチベーションを維持するのが大変… 普段作っているミニチュアフードは、カレーだったらニンジン、じゃがいも、玉ねぎとその都度着色していくから、本当の料理を作っているみたいで楽しいんだよね、笑。

お待ちかねの着色。

f:id:carcrashheart:20191006014132j:plain

楽しい。

 

玉座の参考には彼女の母国ノルウェーフィヨルドを。

f:id:carcrashheart:20191006014128j:plain

この辺から採取できると思われる。

 

レジンメディウムでリアルさをプラス。

f:id:carcrashheart:20191006113553j:plain

 

太陽の冠

こういう今まで作ったことの無いものをどうやって攻略していくか考えるのが好き。わくわくする。How toを見ながらの制作は向いていない人間だなあと思う。

f:id:carcrashheart:20191006014539j:plain

f:id:carcrashheart:20191006014534j:plain

これでも制作時間は3時間ほどで、大体1日の進行度に相当するかなあ。

オーブン粘土スカルピーは柔軟性が全くない為、細かいパーツは折れてしまいやすい。ということで、パーツの一部はパテで成形した。

 

2体目は前回より成長してこそということで、前回の反省点を踏まえながら制作。

改善点①

前回は研磨中や着色中に体の至る所がボキボキ折れたので、初めから手足、首、そして髪まで、各種パーツをバラバラに分けた状態で成形。からのオーブンで加熱、着色。最後に接着剤で接着した。

f:id:carcrashheart:20191006094855j:plain

SIAみたいだ。

三つ編みはパテ製

f:id:carcrashheart:20191006022318j:plain

 

改善点②

立体の良い点は、絵と違って色んな向きの顔をその都度練習する必要がなく、一つの頭部の形を作り慣れてしまえば応用が利くという点。

そして難しい点は、360度どこから見てもその都度それがちゃんとした「」にならなくてはいけない点。絵を描く人ならわかると思うけれど、正面を向いた顔ほどデッサン狂いが起きやすく難しいという。

という訳で立体作品のデッサン狂い(?)を無くすべく、今回は制作過程でその都度写真を撮って反転して確かめるという動作を欠かさなかった。……その都度絶望した……

でも意固地で理想が高いので、それこそ何百回も頑なに修正を繰り返した。

f:id:carcrashheart:20191006014545j:plain

許容範囲…?

遠近法なんてものは無い世界なので、左右の腕は同じ量の粘土で作り始めれば、左右で大きさにバラつきが出ることも少ないのでオススメ。 手や脚でも同じことが言えるだろう。

 

顔もデッサン狂いが酷すぎて何日もかけて描き直した。

f:id:carcrashheart:20191006021818j:plain

左右対称ってなんでこうも大変なんだろうね!!!

まだ本人に似せるなんて技術は無いです…

でも凄いな。私がミニチュアを作り始めた頃は接写すら難しいデジカメしか持っていなかったし、リビングのパソコンにSDカードを持っていかなければ作品の写真の確認など出来なかった。今や逐一写真を撮り、手元で瞬時にそれを確かめ、反転を確認することまで出来る。文明の進化に圧倒的感謝

 

改善点③

前回のように筆塗りだと、綺麗に塗るには限界があるので、肌だけでもスプレー塗料を利用することにした。

f:id:carcrashheart:20191006122158j:plain

ツルツルなお肌作りに成功。

利用したスプレー塗料はこちら。

でもこれ自体には多少透明感があって、白いサーフェイサーの上に直接吹いたら少々違和感があったので、間に違う色のスプレーを塗布している。なんのスプレーかは企業秘密。

 

Imaginary Apple

Apple Treeという曲もあり、AURORAがステージ上で空想のリンゴを摘むポーズをしていたことから、手に持たせることにした。QueendomLGBTコミュニティに向けた曲だから、に。

f:id:carcrashheart:20191006014546j:plain

f:id:carcrashheart:20191006014550j:plain

 

後日Apple TreeのMVがリリースされた訳だけど…

youtu.be

うーん。いまじなりーあっぽー、全然レインボーじゃなさそうだな……涙。

気候変動をテーマにした内容で、彼女の力と怒りを具現化したようなMVだと思った。

でも多分、Queendomに育つリンゴは虹色なんだ…。そうだ。そういうことにしよう。

 

 長くなってしまったので続きは②に…

storyinmyhands.hatenablog.com

 

かえる堂の和菓子

私はミニチュアを作る時に+αで何かテーマを考えたりモチーフを加えるのが好きで、この和菓子セットは初めて大好きなかえるをモチーフにした作品だった。

かえるのかき氷

f:id:carcrashheart:20200211224119j:plain

宇治金時味。

 

かえるパフェ

f:id:carcrashheart:20200211223436j:plain

かえるなので、蓮の葉っぱのパラソルを差してみた。

 

オーダーを受けてもう一度制作した時は、確かちょうど梅雨の時期だったから、パフェのトッピングをさつまいもアジサイのゼリーみかんに変更してみた。

f:id:carcrashheart:20200211233418j:plain

みずみずしさもプラスして、ちょっと初夏な感じ。うーん。どっちも好きかも。

 

かえる最中

f:id:carcrashheart:20200210234226j:plain

ちゃんと皮で餡子を挟みました。木箱が萌えポイント。

風呂敷もデザインから制作。

 

生菓子

f:id:carcrashheart:20200211223432j:plain

黒豆のおたまじゃくしが泳ぐ羊羹と、蓮の花の練り切りと、寒天で白餡を包んだ紫陽花の和菓子。

最後の一つはどうしようと思って、抹茶のマカロンをちょんと置いてみら、なんだかいい感じで。金箔でおめかしして参加させることにした。

 

お抹茶

f:id:carcrashheart:20200211230403j:plain

かえるなので抹茶尽し。

 

お団子

f:id:carcrashheart:20200210234257j:plain

陶器風の蓮の葉のお皿に乗せてどうぞ。

お団子は優柔不断が災いして沢山種類を作ってしまった。みたらし餡子胡麻きな粉抹茶餡、あと芋餡磯部団子も作った。 作りすぎ。

 

完成!

f:id:carcrashheart:20200211233306j:plain

f:id:carcrashheart:20200211233300j:plain

台座部分は縁側を意識してみたつもり。

 

この作品は全部で7つほど新しいお家に旅立てた。このシリーズを気に入って下さった方が沢山いて嬉しい。

特に2回目は、需要がまるで分からないから初めて受注生産という形で販売してみたのだけど、お届けまで時間がかかったにも関わらず、購入者様に喜んでいただけてとても嬉しかったです。

 

おまけ

f:id:carcrashheart:20200212004659j:plain

ラッピング。

作品が壊れないようにするのが第一だし、見た目はいつも二の次だったけれど、最近少しだけ工夫できるようになってきた。只今引き揃え糸に夢中。沢山集めてるので、しばらくラッピングに登場します。(どんな予告)

 

【ベーカリー⑥】完成!

⑤はこちら 

storyinmyhands.hatenablog.com

 

ようやく完成品の投稿です。

ベーカリー「朝ごぱん」

f:id:carcrashheart:20200309225722j:plain

 

ショーウィンドウ

f:id:carcrashheart:20200309212104j:plain

やっぱりこの眺めが好き。

 

陳列棚

f:id:carcrashheart:20200309205435j:plain

全63種類。よくこんなに作ったと思う…

ベーカリーはまた作る機会があるとしても、ここまで沢山作ることはもう二度とないと思う。

 

f:id:carcrashheart:20200309204713j:plain

このコーナーすごくお気に入り。 

カラフルなお惣菜パンと共に、見栄えのする大きなパンやハードパンを。

ミルクハースブールハートのバゲットベーコンエピ

 

f:id:carcrashheart:20200309235509j:plain

 

上から見た図

f:id:carcrashheart:20200309204744j:plain

柱や壁の中に配線を隠してます。

 

余ったパンを並べてみた

f:id:carcrashheart:20200309204832j:plain

カラスのパン屋さんみたいな感じ。わかります?すごく好きだった。

やっぱり自分はこういうのがすごく好きなんだなあと思った。立体イラスト感覚。

 

f:id:carcrashheart:20200309204902j:plain

 

f:id:carcrashheart:20200309205033j:plain

 

制作過程を全部見て下さった方々、ありがとうございます!

 

【ベーカリー⑤】小物たち

④はこちら

storyinmyhands.hatenablog.com

 

ジャム瓶も制作

f:id:carcrashheart:20200216170327j:plain

ストロベリーアップルキウイオレンジの4種。

 

綺麗に並びました

f:id:carcrashheart:20200216170941j:plain

パンの商品タグももちろん一から作った。パンが63種類だから当然のようにタグも63種類。ジャムも加えて64種類。瀕死。

 

レジも設置

f:id:carcrashheart:20200218030750j:plain

 

照明 

f:id:carcrashheart:20200216170047j:plain

ちゃんと明かりがつくように。初めての電飾仕込み。

多分だけど本物の家のように、柱と柱の中に導線を通らせている。仕掛けを全てドールハウスの中に全部隠せて達成感がすごい。

でも理科は高校の時点で放棄したので、並列繋ぎ?直列繋ぎ?抵抗?電気の仕組みがもう何も分からない。不安すぎたので、これはちゃんとしたジオラマ用のLEDの配線セットを買った。LEDだけど電気が白じゃなくて、電球のように暖かい色のもの。

 

暗闇ver.

f:id:carcrashheart:20200214221107j:plain

3mm程度の光源だから、もちろんその光だけで作品が成り立つ訳はないのだけど、暖かみのある明るさがとても素敵。

 

外から中を覗く感じ

f:id:carcrashheart:20200217210036j:plain

あ、かえるパンまだあった!みたいな。

 

扉を開けて入店

f:id:carcrashheart:20200216170945j:plain

OPENの文字は半田ごてで書いた。

さあ、開店した店内に入りましょう。

 

⑥に続く… 

storyinmyhands.hatenablog.com